静岡は『久能山東照宮』にて

静岡の久能山東照宮まで行き参拝して来ました!
久能山東照宮は、約1400年前、推古天皇がいた奈良時代に久能寺というお寺が建てられました。
戦国時代には、武田信玄公が「久能城」を築城しその後、徳川家康公の遺言によって、徳川家の守護城になっていた久能山へ遺骸を移し家康公が埋葬されました。
晩年を駿府で過ごした徳川家康は駿府城にも近いこの素晴らしい景色が好きだったのでしょう!

東名清水インターから約15~20分走り日本平にあるロープウェイより行く事にしました。
久能山東照宮へのご参拝は、二通り久能山の山下から1,159段の表参道を登る方法と、
日本平からロープウェイで久能山に渡る方法があります初めての方はロープウェイがオススメです。
叔父さんは、階段辛そうなのでもちろんロープウェイを選択😅

ロープウェイ🚠乗り約5分下り東照宮へ眺めが最高~絶景です👀‼️
真下は、海沿いのいちご園🍓
本殿は、ロープウェイ降りすぐ右側にあり分かりやすかったです。

  

久能山東照宮は、国宝に認定されています。
2016年には400年祭も行われたそうです!

それでは、国宝となっている本殿へと階段を登り一礼して鳥居の中へいざ参拝~⛩️
漆塗りの本殿はとてもキレイです。
400年前の彫刻がそのまま残っているそうです。
彫刻には平和の象徴とされていた霊獣バグが掘られています。
更に本殿石の間には、記事で読んだんですが真ん中が徳川家康公、右手が豊臣秀吉公、左手が織田信長公の3人が一緒にお祀りされているのです。
戦国の3英傑をお祀りしているのは「久能山東照宮」だけのようです。

最後に家康公と愛馬のお墓にお参り
愛馬はある朝、家康公のお墓の脇で亡くなっていたと言われているそうです。何か感動しました~😢

最後に御朱印もらって帰ります!
パワースポットとも言われていますので、是非とも一度参拝すると良いと思います❗